PR

推し、燃ゆ/宇佐見りん【あらすじと感想】ネタバレなし

推し、燃ゆ,宇佐見りん,あらすじ,内容,感想,レビュー 文芸
記事内に広告を掲載しています。

今回は宇佐見りん著「推し、燃ゆ」をご紹介いたします。

好きなアイドルやアニメのキャラクター、俗に言う「推し」を通して物語が展開していく作品。

推しが全ての世界で、彼女は今日も生きていく。

作品タイトルからして目を引く本作、読書通をも唸らせる芥川賞受賞作ということでさっそく読了。

内容と感想を綴ります。

スポンサーリンク

作品概要まとめ

2020年9月、河出書房新社より刊行。

第164回芥川賞受賞作品、さらに2021年本屋大賞にもノミネートされ注目を集める。

15か国の地域で翻訳がされており、全世界で80万部を超えるベストセラーとなっています。
日本だけでなく世界でも読まれている作品なんですね…!

多くの若者が一人はいるであろう「推し」を題材とし、普段本を読まないTikTok世代(つまり若い方々)でも共感したり楽しんだりすることができる現代を象徴するような作品。

あらすじ

物語の主人公である「あかり」は女子高生。

アイドルグループ「まざま座」のメンバーである上野真幸を「推す」ことを生きがいとしており、楽しくもない学校やアルバイトで苦悩する日々をなんとか生き延びている。

ある寝苦しい夏の夜、その推しが燃えた。

SNSを開くと、どうやら推しがファンの子を殴ったらしいということが分かる。

翌日、見学者として参加したプールの授業を終え、昼休憩の教室で事務所から出てきた推しの映像を見る。

多くのカメラフラッシュを浴びる推しはいつもより疲弊したように見えた。

一生涯かけて推すつもりだった人物の炎上を前に、彼女は何を思うのか。

感想(レビュー)

推しを推し過ぎたがために苦悩する主人公の思いがひしひしと伝わってくる本作。

狂気じみた雰囲気をも感じさせる推しへの想いに、少し心苦しくもなる。

「中心っていうか、背骨かな。」

文中にある主人公・あかりのこの発言。

自分の生活は全て推し中心。
いや、推しはもはや背骨、なくなれば立つことすらできないというこの表現はすごく上手だなぁと素人ながらに感心を覚える。

嫌なことや辛いことがあっても私には推しがいる、心の支えといえば良いように聞こえるが、まるで一種の洗脳された宗教活動のようでもある。

心の支えってすごく大事、でも一つのことに支えられすぎるともしものときに一気に崩れる。

自分の恋人を推しとするのならそれでいいのかもしれないけれど、大半の推しは画面越に眺める存在。

こんなにも好きなのに相手は自分のことを何も知らない。

ある意味で空想のような推しへの想いは適度に調節するべきなのかもしれない。

毎日のようにどこかで発生する推しという存在、これを題材として物語を書いた宇佐見さんのセンスも改めて光る作品となっていた。

別作品も読んでみよう。

終わりに

今回は宇佐見りん著「推し、燃ゆ」をご紹介しました。

多くの著名人が炎上する現代社会、突拍子もない発言や不倫、暴力など理由は様々。

いま自分の推しが大炎上したら、明日あなたは何を思って過ごしますか?

推しがいる皆様は本作のリアリティがある世界観にどっぷりつかってみてはいかがでしょう。

本記事が少しでも多くの方の参考になりましたら幸いです。