文芸

文芸

変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の間取り図

本記事は変な家2のネタバレを含む感想と考察を記載しておりますのでまだ読んでない方はご注意ください!行先のない廊下から始まる不気味な11の間取り図。それぞれが別の建物で繋がりもないように見えるが...。
文芸

汝、星の如く/凪良ゆう【あらすじと感想】少しネタバレあり

2023年の第20回本屋大賞受賞をはじめ、第168回直木賞候補作、2022王様のブランチBOOK大賞、キノベス!2023 第1位獲得など、数多くの賞を受賞、ノミネート、ランクインしている凄い作品です。終盤は涙なしでは読めませんでした...。
文芸

推し、燃ゆのあらすじを簡単にご紹介。結末含むネタバレ感想も!

本記事では推し、燃ゆのあらすじを簡単にご紹介しています。加えて推し、燃ゆのあらすじと共に結末含むネタバレ感想も記載しておりますのでまだ読まれていない方はご注意ください!自分にとって背骨のような存在である推しの炎上を前に、彼女は何を思うのか?
文芸

逆ソクラテス/伊坂幸太郎【あらすじと感想】少しだけネタバレあり

伊坂幸太郎さんの逆ソクラテスを読了しましたのであらすじと感想をまとめてみました。第33回柴田錬三郎賞受賞、さらに2021年には本屋大賞へもノミネートされた本作。読書感想文に合いそうな、学生諸君にぴったりの作品でしたよ。
文芸

下町ロケット/池井戸潤「あらすじ・感想(ネタバレなし)」

今回は池井戸潤著「下町ロケット」をご紹介いたします。2010年11月24日小学館より刊行、第145回直木賞受賞作品。言わずと知れた池井戸潤さんの代表作!小説だけではなく、ラジオやテレビでもドラマ化されるなどメディアでも大きく取り上げられている人気ぶり。
文芸

君のクイズ/小川哲著「あらすじ・感想(ネタバレなし)」

あるクイズ番組で起こった出来事を題材としたミステリー小説。アメトーク「本屋で読書芸人」にて、お笑いコンビAマッソの加納さんがオススメしていた一冊でもあり、2023年本屋大賞ノミネート作品。こんなん面白いに決まっているじゃないか!ということであらすじと感想をまとめました
文芸

四畳半王国見聞録/森見登美彦著「あらすじ・感想(ネタバレあり)」

今回は森見登美彦著「四畳半王国見聞録」をご紹介いたします!本書タイトルにある「四畳半」という単語は聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?四畳半作品でお馴染みの樋口師匠や小津など見覚えのある人物もたくさん登場する本書の内容はいかに!?
文芸

変な絵に関するユキの罪とネタバレ感想!彼女はなぜ逃げない?

本記事は変な絵に関するユキの罪とネタバレ含む感想を記載しております、読んでいない方はご注意を!七篠レンが綴る不気味なブログ、そしてその妻であるユキが犯した罪とは一体?あらすじも簡単にまとめてみました。
文芸

変な家/雨穴【あらすじと感想】ネタバレなし

今回は雨穴著「変な家」をご紹介します。2021年7月27日飛鳥新社より刊行、白くて不気味な仮面を被った著者、雨穴さんのデビュー作。映画化も決定していて話題の本作、ネタバレなしであらすじと感想をまとめましたので参考までにどうぞ!
文芸

宵山万華鏡/森見登美彦【あらすじと感想】ネタバレなし

森見登美彦著「宵山万華鏡」のあらすじと感想をまとめています。森見登美彦=ポップなファンタジーというイメージをお持ちの方は良い意味で裏切られる作品。妖怪のような不可思議な存在を考えたり、少しゾクゾクする感じが好きな方にはすごくオススメ。