PR

変な家2のネタバレ感想と考察!行先のない廊下から始まる11の間取り図

変な家2,雨穴,うけつ,あらすじ,内容,感想,レビュー 文芸
記事内に広告を掲載しています。

本記事は変な家2のネタバレを含む感想と考察を記載しております、まだ読んでない方は十分ご注意ください!


今回は雨穴著「変な家2 〜11の間取り図〜」をご紹介いたします。

とうとうきたぞ、雨穴ワールド第3弾!
「変な家」から「変な絵」と来て、お次は何かと思いきやまさかの「変な家2」。

今回は11の間取り図がキーポイントらしい。

第1作目を手にした時はものすごいホラー作品なのでは…と思い、びくびくしながら読んでいた。
※管理人は大のホラー嫌いです。

しかし、雨穴氏の作品は心霊系の怖さではないと分かっている今、読了など容易い。
あの頃の私とは違うのだ…!

ということで3度目の雨穴ワールドを堪能してきましたのであらすじとネタバレ感想、考察をまとめていきます。

スポンサーリンク

変な家2概要まとめ(ネタバレなし)

2023年12月19日飛鳥新社より刊行。

著者の雨穴さんによる変な〇〇シリーズ3作品目。

ちなみにこのシリーズは累計発行部数100万部を超えたとのこと、人気がすごいね!

前作よりおよそ1年経過するも、発売が公にされたときはSNSでもまたまたまた話題となっておりました。

YouTubeには雨穴さん本人出演の動画ver(行先のない廊下)もあるので、本を買うか迷っている方はまずこちらを見ても良いかも。

あらすじ

ここでは今作のあらすじを簡単にまとめています。

結末のネタバレにつながる内容はまだ記載しておりませんが、内容を知る前に読みたいという方はここからもう読まないことをおすすめします!

寄せられた間取り情報

この本が書かれる2年ほど前に発売された「変な家」を機に多くの人々から認知された著者、雨穴氏。

それと同時に、読者たちが知っている「家」に関する情報が数多く寄せられるようになった。

想像する以上に日本には変な家がたくさん存在するようだ。

今回の「変な家2」は、読者から寄せられた「家」の情報から11軒の調査資料を収録。

一見別々の家だが、読み解いていくと全てにある「つながり」が浮かび上がる…。

行先のない廊下

まず情報を提供してくれたのは、富山県に住む30代のパートタイマー・根岸弥生さん。

もうすぐ7歳になる息子が小学校の図書室で「変な家」の単行本を借りてきたのをきっかけに、彼女の中である薄気味悪い思い出が蘇る。

それは彼女の取り壊された実家と母親についてのことだった。

なんでも実家には行先がなくそこに必要のない廊下があったらしい。

ドアや窓がついているわけでもなく、収納スペースにしては細すぎる、まさに行先のない廊下。

廊下の存在について父親に聞いたこともあったが、なぜか強引に話を逸らされる。

そしてあまり関係の良くなかった母親には聞けず。

根岸さんと著者の会話から徐々に浮かび上がる、いくつかの疑問点。

解決にはまだ情報が足りないようだ。

闇をはぐくむ家

知人の紹介で知り合うことになった特殊清掃員の飯村達之さんは、ある現場の特殊清掃を行った人物である。

「特殊清掃」とは、孤独死や事故死のあった部屋を清掃する仕事のことだ。

2020年、静岡市葵区北部にて当時16歳の少年が家族を殺害するという事件があった。

被害にあったのは仕事で外出していた父親以外の家族全員、津原少年の母親、祖母、弟である。

3人は警察が駆けつけた頃には死亡しており、少年は無抵抗のまま警察が拘束。

凶器は1本の料理包丁だった。

事件を起こした動機についてはあらゆる社会問題と関連づけて論じられたが、一部で「津原家の間取りに問題がある」という噂が流れた。

当時「変な家」を執筆していた著者は強い興味を持ち、個人的に調査を行うも目ぼしい情報を得ることができず。

そこで津原家の特殊清掃を行った飯村さんへ取材を行うに至ったが…。

変な家2のネタバレ感想と考察

ここからは変な家2のネタバレを含みます。

まだ読まれていない方は、本編を読了の上で読み進めることをおすすめします。


一見すると関係ないように見える11の間取り図が、徐々につながりを見せていく本作の内容。

いろいろなところに伏線が散りばめられているので、2周目すらも十分楽しむことができるだろう。

行先のない廊下とか、間取り図につけられたそれぞれの名称を聞いただけで少し怖く感じるよね。

ホラーといえばホラー作品なのだが、人間の不気味さだったりを交えた胸糞系的な怖さなのでお化けが苦手なそこの君も全然読むことができる…はず。

ただ1作目の「変な家」の感想記事にも書きましたが、雨穴作品の内容は意外と複雑。

まあミステリー作品全般に言えることかもしれないが…。

ちゃんと理解しながら読み進めないと、どこがどうつながっているのかが分からなくなりがち。

単純に私の脳みその問題かと思いますが、個人的には時間を作って一気見したほうが理解しやすいしより楽しめると感じます。

11の間取り図にすべて目を通した後、終盤は「変な家」にも登場した設計士の栗原さんと筆者の考察が始まります。

2人の推理によって徐々に解き明かされていく謎、わくわくとどきどきを同時に味わいながら読み進めることができました。

ただ強いて言うなら、この推理はあくまで2人の想像によるものであり、所々で答えも少し曖昧。

こうなんじゃないか…とか、そうだったんでしょう…とか、「え、ほんとにそうなのか…?」と少しモヤっと感じる部分もあったのが正直なところ。

まあ栗原さんも筆者も全ての間取りを実際の目で直接見たわけではないし曖昧になるのも仕方のないことか。

また、結末としてはミツコちゃん自身が罪を告白し、筆者がそれに対して何も発言できずに物語が終幕する。

なんだかもう少し衝撃があっても良かったというか、もう一超えなにか展開があるとより楽しめたと思う。

ミツコちゃんの罪が特に覆ることもなく、「これで終わりなんだ?」と少しびっくり。

ミステリー作品を読むにあたってハッキリとした答えを求めすぎるのはナンセンスかとは思うがこの点もモヤッとしたポイントだった。

逆に間取り図や場面のイメージ図が多くのページに登場するので、文字だけ読むより想像がとてもしやすいのはグッドポイント。

図と文章の組み合わせでより奇怪さを感じさせる点、これぞ雨穴さんの作品という感じです。

都市伝説などの独特な不気味さが好きな人にはバッチリ合いそうです。

ぜひ興味が湧いたら読んでみてくださいね。

終わりに

今回は変な家2のネタバレ感想と考察をまとめてみました。

一見なんてことのない間取り、だけどよーく見るとなにかおかしい。

あなたのお家は大丈夫ですか?もしもおかしな間取りだったら…これからお引っ越しする方、間取りはきちんとチェックしようね。

本記事が少しでも多くの方の参考になりましたら幸いです。