PR

休日こそ読書三昧すべき理由!本と共に過ごす素敵なお休み

休日,休み,読書三昧,本,読む,理由 読書関連
記事内に広告を掲載しています。

この記事で分かること
・本と共に過ごす休日の素晴らしさ
・休みの日に本を読むべき理由
・自分磨きで得られるメリット

ここでは休日の過ごし方に迷っている方へ向けて、休日に本を読むべき理由についてまとめています。


せっかくのお休みなのにやることがない。
また適当にダラダラして1日が終わるのかなぁ。

誰しもが心躍る休日、良い響きですねぇ。

日頃の疲れを癒すためにも、のんびりと素敵な時間を過ごしたい!

でも特にすることもないし…お昼までゆっくり寝て、起きたらスマホでYouTube観て、ゲームでもするか…と。

なんだか、せっかくの休日を無駄にしている気がしませんか?

貴重なお休みなのに、こんな過ごし方で良いんでしょうか…。

私は少しでも有意義な時間を過ごすために、予定のない休日は本を読むようにしています。

社会人からこの習慣を始め、多くの時間を読書に割いてきました。

本を読むと勉強になりますし、結果的に自分のためにとても有益なことをしているので気持ちがすごく満たされるんです!

というわけで、ぜひあなたも休日読書の仲間になりませんか?

これといった趣味がない方、なにか自分にとって有益なことをしたい方は本記事をぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

休日の過ごし方が分からない…

休日,休み,過ごし方,読書三昧,本,読む,理由

待ちに待った休日、好きなことがなんでもできるぞ!

けどいざ時間を与えられると何をして過ごせば良いんだろう。

そうこう考えているうちにこの記事へ辿り着いたということは、あなたは休日の過ごし方を見直したいと思っているのではありませんか?

これといった趣味もなく、貴重な休日を持て余しているなんてもったいない。

思い立った時がチャンス、いまこそ休みの日の過ごし方を見直していきましょう!

そこでまず天敵となるのがみんな大好きスマートフォン。

いつでもどこでも動画にゲーム、ネットサーフィンとあらゆることがどこでもできる素晴らしいツールです。

現代人はそんなツールを1人1台持っているのが当たり前、この記事もスマホで見ている人が多いと思います。

ですがとても便利な反面、多くの人を自堕落な生活へと陥れているのも事実。

実は意味もなくスマホをいじっていると余計に疲れるって知ってましたか?

無意識にスマホを触る人はデジタル依存症の可能性もあり、SNSなどを見ることで心身ともに疲れを感じてしまう原因にもなっています。

現代人ならではの悩みですよね。

たまにはデジタルから解放されるように意識を持たなければなりません。

そこでオススメなのが「休日読書」です。

休日の過ごし方が分からず何もできないのであれば、まず本を読むことから始めてみませんか?

時間のある休日に本を読むことで自分磨きにもなりますし、何より充実したお休みを過ごすことができますよ!

たくさん本を読んで自分をさらに高みへと上げていきましょう。

休日に読書をすべき理由

休日,休み,過ごし方,読書三昧,本,読む,理由

ここからは休日に本を読むべき理由をまとめていきます。

本を読むだけでもたくさんの良いことがありますが、時間のある休日だからこそ読書に時間を割くべき理由がちゃんとあるんです。

自己肯定感が上がる

読書のような自分にとってためになる行動をすることで自己肯定感を上げることができます。

日常生活であまり自分に自身が持てず、気分が上がらないという経験がある方も多いのではないでしょうか?

ただでさえ昨今はコロナウイルスやロシアとウクライナによる戦争、芸能人の不倫問題、増税など多くの人々にとってネガティブなニュースで溢れかえっています。

嫌でもこうした情報が入ってきてしまう世の中…。

無意識に自分もネガティブな状況に置かれていると思いがちになってしまいます。

そんな状況で、気分を上げて自己肯定感を高めるのはなかなか難しいこと。

ここで対策となるのが休日読書です。

本の世界に浸り、少し現実から離れてみましょう。

素敵な物語を読めば心から感動し、日頃の疲れや悩みも忘れることができるはずです。

自分にとってためになることや、気持ちの切り替えを行うことによって自己肯定感はアップします。

さらに、自己肯定感が上がると他人を認めらるようになり、より豊かな気持ちを作ることができるんです。

とりあえず読書ができた!という気持ちを持っておくことで、満足感や充実感を味わうことができ、気分も晴々しますよ。

勉強になる

本を読むとたくさん頭を使うので自身の成長に繋がります。

勉強の基本は読書といっても過言ではないでしょう。

特に自己啓発本やビジネス書を読むことで、仕事、生活で困っていることを解決する打開策を見つけることができるかもしれません。

物語のある小説でも、話の内容を頭の中で考えて整理することで想像力や発想力を鍛えることができます。

読書をすることで日常の様々な場面で役に立つ知識を蓄えることが可能なんですね。

いつもならボーッとしている時間を勉強に使えば、まず後悔することはありません。

やることのない休日だからこそ、ゆっくりとお勉強の時間に当てて自分磨きしてみてはいかがでしょうか?

特にIT書やビジネス書などは多くの社会人に読まれています。
下記リンクではビジネスに関する多くの書籍を取り扱っていますのでおすすめです。

▶︎ITやビジネスに関する書籍はこちら

紙書籍もいいですが、スマホやタブレットに電子書籍を入れていつでもどこでも勉強できるように普段から心がけていくのも大事ですね。

ゆっくりと読書の時間をとれる

休日の最大のメリットは平日よりも自分に使える時間がゆっくり取れること。

普段は学校や仕事、家事に育児をする人がほとんどで、まとまった時間を作ることができない人も多いでしょう。

常日頃、本は読みたいと思っているが時間が無くて…こんな言い訳をして逃げていることもありませんか?

休日ではその言い訳が通用しません、一度軽い気持ちでも構いませんので本を開いてみましょう。

読んでみると意外と楽しいものですし、読み始めてしまえばいつの間にか没頭してしまうこともよくあります。

1日中読書に時間を割くべき!とは言いませんので、30分など短い時間から読書を始めることで徐々に読書に対する抵抗感も無くなってくるはず。

小さなことをコツコツと。
休日読書も継続することがとても大事なんです。

新しい自分を見つけられる

休日読書に限った話ではありませんが、読書をすると新たな自分の一面が見つかることも。

たまにはいつも選ばない雑誌を読んでみると、意外と面白くてそのままハマってしまったり。

苦手だと思っていたジャンルの小説を読んだら思いの外すんなり読めたり。

これはダメ、あれはできない、といった自分自身への思い込みが強すぎるのはよくありません。

仕事で余裕がない平日とは違って、休日は幾分か心に余裕があると思います。

そんな時だからこそ、普段とは違った本にも挑戦してみましょう!

自分の可能性を変に否定せず、たまには肯定してあげることも先に述べた自己肯定感のアップにつながっていくんですね。

有意義な時間を過ごせる

1日の終わり。

布団に入って「今日はなんにもできなかったなぁ…。」と億劫な気分で気持ちの良い睡眠を取ることはできるでしょうか?

答えはNo、限りなくNoだ!

どうせ自分なんて…と、またネガティブな気持ちが湧いてきてしまうし、明日への活力になんてなるわけがない。

誰しも休みの日は有意義な時間を過ごして、気持ちを充実させたいと考えるもの。

休日をいかに素晴らしい1日にすることができるか、これが生活を豊かにする第一歩です。

休日読書はそれを実現する最適な行動の1つ。

もしも家で本を読むのは気が乗らない、という方は外に出て読書をしてみましょう。

こちらの記事では外出先で本を読める場所をご紹介しています。

気分転換にもなりますし、自分に合う読書環境をみつけることができるかもしれません。

スマホをいじる前に本を開くこと、有意義な時間を過ごすためにはまず行動してみましょう!

自分を輝かせられるのは自分なんです。

自分磨きで得られるメリットとは?

休日,休み,過ごし方,読書三昧,本,読む,理由

これまでご紹介した「休日に読書をすべき理由」によって、自分磨きに繋がることが分かりました。

では自分磨きをすることによってどんなメリットがあるのでしょうか?

ひとつは「知識や経験を蓄えることができる」という点です。

本を読むことで様々な分野の知識を得ることができます。

また、読書という経験をすることで就職活動や日常会話でも話題にすることができ、色々な場面で役に立つことでしょう。

さらに「ポジティブな感情を保てる」こともメリットのひとつ。

これまで読んだ本を振り返ってみると、こんなにたくさんの本を読めたんだ!という自信に繋がってきます。

それがあなたの人生の実績となり、感情をポジティブなものへと生まれ変わらせてくれることでしょう。

自分磨きをすることでどんどん気持ちが前向きになり自信もつきます。

自信がつくと何事にも積極的に挑戦することができ、結果が良くも悪くも自分の糧として捉えられ、また新たな挑戦をするという良い循環が生まれます。

この素晴らしい循環を得るためにも、休日を無駄にすることなく読書を行なっていきたいですね。

平日もできるだけ本を読もう

ここでは休日の過ごし方を書きましたが、もちろん平日も本は読むべきです。

しかし休日に比べて時間も少なく、仕事の疲れで行動に移せない…なんてことも。

そこで便利なのがスマートフォン。

冒頭で天敵とお伝えしたこのスマートフォンですが、目的を持って使えばとても素晴らしいツールです。

せっかくですから、自分にとっても有益な使い方してみましょう。

仕事の移動や休憩時間、病院の待ち時間など本を持ってきていない時でもスマホがあればたくさんの本を読むことができちゃうんですから、便利な世の中になったものです。

気になった方はさっそく気になる本を探してみてくださいね。

動画やSNSを見るだけではあまりにもったいない!

スマホで読書をして、隙間時間も有効活用してみましょう。

まとめ

今回は休日読書をすべき理由、自分磨きで得られるメリットについてまとめました。

休日に読書をするべき理由
・自己肯定感が上がる
・勉強になる
・ゆっくりと読書時間をとれる
・新しい自分を見つけられる
・有意義な時間を過ごせる

自分磨きで得られるメリット
・知識や経験を蓄えることができる
・ポジティブな感情を保てる

暇な時間を持て余しがちでダメだなんて考えず、逆にたくさん伸び代があるとポジティブに考えましょう!

ぜひお休みの日は本を読んで、たくさんのメリットを感じてみてくださいね。

この他にも読書に関する記事をたくさんご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容が少しでも皆様のお役に立てれば幸いでございます。